スポーツ障害

スポーツ障害の原因

アメリカンフットボール

スポーツをやっている人は、体の同じ部位を繰り返し使うことによって、筋肉、靭帯、関節などの組織を痛め、テニス肘、野球肘、野球肩、ランナー膝、シンスプリント、アキレス腱炎 、ジャンパー膝、オズグッド、腰椎分離症、椎間板ヘルニア、ばね指、捻挫、ふくらはぎの痛みなどのいわゆるスポーツ障害を起こすと言われています。

スポーツ障害を防ぐ方法として、従来から練習、試合前の準備運動を行っています。 準備運動としては、ストレッチ、ランニングなどがあります。

ストレッチは、体の柔軟性を、ランニングなどは体温を温める目的で行います。 そして、練習後、試合後には、クールダウンとして整理体操を行います。

しかし、準備体操、整理体操をしっかり行ったとしても、どうしてもスポーツ障害は起きてしまいます。

スポー障害が起きる理由として、 筋肉のバランスの崩れがあります。 筋肉のバランスが崩れると、筋肉の伸び縮みが上手く行かず、その結果関節が滑らかな動きを欠きます。

準備運動で行うストレッチ、ランニングで、筋肉のバランスの崩れを修正出来れば良いのですが、そこまでの効果はありません。

そこで近年では、練習前、試合前に筋肉のバランスの崩れを整える目的として、テーピングを体に貼る方法が開発されました。

この方法は、筋肉のバランスを整える効果がありますので、スポーツ障害を防ぐ方法としては有効な手段だと思います。

しかし、この筋肉のバランスを整えるテープ療法も万能ではないようで、効果の持続時間が短く、肌の弱い人はかぶれが起きるという欠点もあるようです。

ページ上に戻る

シンスプリント

シンスプリントとは、ランニングやジャンプなどの運動によりすねの部分が痛むことを言います。 すねの部分と言っても、だいたい痛む部分はふくらはぎ内側の中1/3から下1/3にかけてです。 陸上競技、バスケットボール、最近ではエアロビクスなどに多く見られます。

ランニングやジャンプなどの運動により筋肉がオーバーワークになり、特に痛みが出やすい長趾屈筋、後脛骨筋、長母趾屈筋、前脛骨筋、ヒラメ筋などに負担がかかるわけなのですが、痛みはこれらの筋肉が緊張(縮んで)して症状が出る場合と筋肉が弛緩(伸びて)して症状が出る場合とがあります。

ですから、痛みが出ている筋肉が緊張しているのか、弛緩しているのかを見分ける必要があります。

処置としては、痛みの出ている筋肉が緊張している場合は、筋肉を緩めてあげれば緊張が取れて症状は改善します。

逆に、筋肉が弛緩して痛みが出ている場合は、筋肉を縮めるような施術をする必要があります。 仮に、筋肉が弛緩して痛みが出ているのに、筋肉を緩めるような施術をした場合、一時的には症状は改善しますが、弛緩している筋肉をさらに弛緩させてしまうことになるのでいつまでたっても症状は良くなりません。 その辺の見極めが難しいところです。

ページ上に戻る

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)

膝のお皿の下に痛みが出る症状は、ジャンパー膝とオスグッド・シュラター病があります。 痛みが出るところはほぼ同じ場所です。 膝蓋靱帯が運動によって強く引っ張られて、炎症を起こし痛みが出ます。

では、ジャンパー膝とオスグッド・シュラター病の違いは

ジャンパー膝
膝蓋靱帯が運動などで炎症を起こす

オスグッド・シュラター病
膝下の脛骨上端部にある脛骨結節という骨の出っ張りが膝蓋靭帯に引っ張られて徐々に剥離していき炎症を起こすということです。

同じ場所に痛みが出ますので、病院での診断の間違いがあるそうです。 両者の膝の状態は違いますが、原因は大腿四頭筋が緊張によって縮んで大腿四頭筋に連結している膝蓋靱帯が強く引っ張られて炎症が起き痛みが出ていますので、大腿四頭筋の緊張をやわらげれば、炎症が引き痛みも消失します。

アイシングという処置もいいのですが、その処置では大腿四頭筋の緊張は取れにくいのでまた無理して運動をすれば、炎症が起きて痛みが出やすくなります。 痛みが出ないようにするには、やはり大腿四頭筋の緊張を取る必要があります。

ページ上に戻る

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎はランナーの人が多い所から、別名ランナー膝と言われています。 ランナー膝と言われていますが、自転車競技、スキーヤー、エアロビックダンサーなどの競技の人もこの症状が出やすいです。

症状
腸脛靭帯は、大腿筋膜張筋という筋肉にくっついている靭帯ですが、痛みが出やすい所は膝のお皿の外側あたりです。

走っていると痛みが出てくるため、休むと痛みは楽になります。 しかし練習を再開すると、また痛みが出てきます。 痛みがひどい場合は、痛みから逃れるために膝を伸ばしたまま歩くようになります。

原因
腸脛靭帯にくっついている大腿筋膜張筋という脚の外側の筋肉が緊張して、腸脛靭帯が引っ張られ痛みが出るわけです。 そういった状態をしっかりケアせず、急に練習量を増やしたりランニングシューズの型を変えたりすると膝の状態を悪くします。

処置
練習を一時中止するか、トレーニング量を減らす、膝に負担の掛からないようにランニングコースを変更する、ランニングシューズを痛みが出ないようなものに変えるなどの対策方法があります。

しかし、それらの方法は付け焼刃的な感じがしないでもないです。 やはり、痛みの原因となっている大腿筋膜張筋の緊張をしっかり取り、腸脛靭帯が引っ張られている状態を良くするのが一番の早道なような気がします。

ページ上に戻る

オスグット病

オスグッド病は、成長期に多くみられる膝の痛みについた病名です。 成長に伴い痛みが出ると言うことですが、仮に成長に伴う症状だとしたら体のどこにでもそういった症状が出そうなものですが、そうでもないようです。

私も中学校の時に急激に身長が伸びましたが、そういった膝の痛みに悩まされたという記憶はまったくありません。 私の場合は、中学校の時は部活に入っていましたが文科系でしたのでほとんど激しいスポーツをしていませんからそういった症状は出ませんでした。

サッカー選手、テニスの選手、バスケットの選手にオスグッド病の症状に多いということですから、もう完全にオーバーワークによるものとしか考えられません。

処置としては、大腿四頭筋の緊張によって腱が引っ張られて痛みが出ているわけですから、大腿四頭筋の緊張が緩和されれば引っ張られていた腱も緩みますので症状は快方に向かいます。

ただし、大腿四頭筋だけを調整しても駄目です。 大腿四頭筋の調整だけだと再発しやすくなりますので、体全体のバランスを考えて調整する必要があると考えます。

ページ上に戻る

鵞足炎

鵞足炎は、膝のお皿の斜め下の膝の内側あたりに痛みが出ます。 鵞足は縫工筋、薄筋、半腱様筋という筋肉の腱が脛骨という骨の上部に付着している部分です。 鵞足は、その3つの筋肉の腱の部分が鵞鳥(がちょう)の足のような形をしているところからそのような名前がついたようです。 鵞足炎の症状を起こす人は陸上選手やサッカー選手に多いです。

鵞足炎は、施術する時に縫工筋、薄筋、半腱様筋という筋肉の腱の緊張をいかに緩めるかがポイントになると思います。

そのことは、整形の医師やスポーツ関係の人を施術する人も分かっているようです。 でもその3つの腱を緩める有効な方法が確立されていないために、アイシングやストレッチ、マッサージを行って施術しているようですが、なかなか症状が良くならないようです。

処置
縫工筋、薄筋、半腱様筋という筋肉が緊張して、骨に付着している腱の部分が引っ張られて症状が出ていますので、その部分を直接緩めるような施術もいいかもしれませんが、その3つの筋肉の腱が引っ張られる原因が、間接的に全身の筋肉、筋膜などの影響を受ける場合もあります。

つまり、症状が出ている部分が症状の原因ではなく、離れた所にある組織の影響を受けて症状が出ている場合もあるということです。

そういう場合は、症状の出ている部分を調整しても、症状の改善具合が少なくなりますので、症状のある膝の部分以外の離れた部分の施術をします。 実際の施術において、そういうケースは多いです。

ページ上に戻る

野球肘

野球肘(やきゅうひじ)は、野球選手がなることが多いですが、ゴルフプレーヤもなることからゴルフ肘とも言われています。 医学的な正式名称は、上腕骨内側上顆炎。

肘の痛みは、肘の外側が痛くなるテニス肘、内側が痛くなる野球肘がありますが、圧倒的にテニス肘の方が数は多いです。

野球肘と言われていますが、痛める割合が多いのは投手が多いです。 投手が多いのは、球を投げる回数が多いためだと考えられます。 ですから、肘の筋肉のオーバーワークによるものだと言えます。

原因
尺側手根屈筋、橈側手根屈筋などの手関節屈筋群と円回内筋がオーバーワークによって、過緊張しこれらの筋肉の腱が引っ張られるため炎症が起き痛みが出ます。

処置
アイシング、ストレッチや伸縮するテーピングなどが施術に使われています。 これらの方法は過緊張している筋肉の緊張を取る手段としては正しい方法だと思います。 しかし、これらの方法は筋肉を正常な長さにするには今ひとつのような気がします。

それは、処置を施しても持続性に難があるためかと考えます。 当院で行っている施術方法は、調整した時の持続性が長いのが特徴です。

ページ上に戻る

テニス肘

テニス肘は、テニスをしている人や雑巾を絞る動作などにより、肘の外側から前腕かけて痛みが出る症状です。 正式には、上腕骨外側上顆炎と言います。

原因

・長橈側手根伸筋:手首(手関節)を伸ばす働きをします。

・短橈側手根伸筋:同様に手首を伸ばす働きをします。

・総指伸筋:指を伸ばす働きをします。

上記の3つの筋肉が緊張することによって、上腕骨外側上顆にくっついている腱が引っ張られて痛みが出ます。

処置
処置としては、緊張している長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、総指伸筋の3つ緊張を緩めれば、引っ張られていたそれぞれの腱も緩み症状が改善します。

施術する場合、3つの筋肉を直接調整する方法もありますが、当院では症状の出ている部分に調整を行わず、身体全体のバランスを調整することによって3つの筋肉の緊張を和らげるという手法を取ります。

そういった手法をとる理由は、3つの筋肉だけの調整だけでは症状の戻りが早くなるからです。

ページ上に戻る

野球肩

野球肩は、投球回数の多い投手に多いですが、バレーボールのスパイク動作、槍投げ、砲丸投げなどの投擲(とうてき)動作、水泳のストローク動作などでも起きやすいです。

肩のインナーマッスルである、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の腱、特に棘上筋が投球動作のしすぎにより痛みを発するようになります。 肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の腱は、回旋筋腱板もしくはローテーター・カフとも言われています。

処置
整形外科の処置としては、腱板の損傷具合によると思いますが、基本的には下記のような保存療法が主体となっているようです。

・運動制限

・アイシング

・抗炎症剤の服用

・ステロイド関節注射

・ヒアルロン酸関節注射

上記したような保存療法は、症状に対する処置ですから、症状は変わるかもしれませんが、損傷している筋肉の腱の状態が大きく変わるわけではありません。

投球動作のしすぎにより、筋肉が異常に緊張して縮んで腱の部分を引っ張って炎症が起きて痛みを発していますので、筋肉の緊張を緩和させる必要があります。

筋肉の緊張を緩和させる方法は、いろいろなやり方があります。

・緊張が起きている筋肉に直接アプローチする方法

・緊張が起きている筋肉に間接的にアプローチする方法

直接にアプローチする方法は、鍼を緊張している筋肉に直接刺して操作するやり方。 他には、超音波を照射するやり方などがあります。

間接的な方法としては、各種の整体、カイロプラクティック、オステオパシー、按摩マッサージなどがあります。

一般の人は、直接緊張している筋肉にアプローチする方法が、一番効果があると思っている人が多いかもしれませんが、一概には言えません。 と言うのは、そのやり方をする人によって、操作の上手下手があるからです。

ですから、間接的アプローチでも上手にやる人の方が、直接的アプローチで施術する人よりも良い結果を出すこともあります。

当院では、筋肉の緊張を緩和させるために こちらのような方法で肩の症状の施術を行っております。 この方法は、当然ながら間接的アプローチの方法です。

ページ上に戻る

スポーツ障害の施術

スポーツ選手は、スポーツをやっていない人に比べて体をハードに使っていますので、一旦腰、肩、膝などを痛めると、長期化かつ重症化しやすい傾向があると一般的に言われています。

その原因の一つとして、スポーツ障害を起こした時のケアの仕方が十分ではないと考えられます。

一般的に、スポーツ障害のケアとして、患部の冷却、マッサージなどを行うことが多いようです。
上記したように、スポーツ障害は体全体の筋肉のバランスの崩れによって起こることが多いですから、患部の冷却、マッサージなどの処置では、筋肉のバランスの崩れは改善することは難しいのです。

以上のような理由で、当院では痛めた部位を直接施術することはありません。
しかし、筋肉のバランスのくずれを正すことによって、結果的には患部を直接施術するよりも早く回復することが多いです。

ページ上に戻る

スポーツ選手のパフォーマンスを向上させるには…

スポーツ選手がパフォーマンスを向上させるために、いろいろな方法が行われています。
その方法としては、フィジカル、メンタル、栄養の3つに分かれます。

フィジカル
練習
体の使い方改善
筋肉トレーニング
体のバランス
睡眠など

メンタル
イメージトレーニングなど

栄養
食事
サプリメント
スポーツ飲料 など

どれもパフォーマンス向上には大事な事柄ばかりですが、特に体のバランスは重要だと考えます。
体のバランスがくずれていると、いろいろな面に影響が出ます。

筋肉のバランスが悪いと、例えばゴルフですと、ボールがスライス(右や左に曲がって飛んでいくこと)しやすくなります。

このスライス、打ち方である程度修正が効きます。しかし、打ち方を修正すると、体のどこかに負担がかかり、怪我の原因になりやすくなります。

他にもあります。
筋肉のアンバランスは消化機能にも影響を与えますので、栄養のバランスに気をつけた食事を摂ったとしても、食べたものが上手く吸収されません。

ですから、スポーツ選手のパフォーマンス向上には、体のバランスのケアは非常に大切です。

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system