自律神経失調症・うつ病は心、体の問題ではないです

うつ病の男性

 

今はストレス社会と言われ、自律神経失調症・うつ病になる人が増えてきています。

特に中高年の人の割合が高いです。

自律神経失調症・うつ病は心、体が問題ではない

自律神経失調症・うつ病は一般的に

・環境要因、精神的ストレス

・身体的な要因

などが関係していると言われています。

・環境要因、精神的ストレス

仕事、家庭、人間関係などもろもろの問題

・身体的要因

慢性的な疲労、病気、薬の副作用など

しかし、上記のようなことがらは、自律神経失調症・うつ病の症状を発するきっかけにすぎません。

と言うのは、上記のようなことがらがあっても、自律神経失調症・うつ病にならない人も多いからです。

そのような人は、なにがあっても精神的にタフで打たれ強いからではありません。

では、どこか違うのでしょうか?

それは、東洋医学で昔から言われている“気”の流れ(体を流れるエネルギー)の滞りが少ないからだと考えます。

逆に“気”の流れの滞りが大きい人は、自律神経失調症・うつ病を発しやすいわけです。

当院の施術

他の整体やマッサージなどでは、自律神経失調症・うつ病の人は首、肩の筋肉が硬くなっているから、筋肉をほぐすような施術をすることがほとんどのようです。

でも、筋肉の硬いのをほぐしても、一時的に症状が楽になるだけで、自律神経失調症・うつ病が改善されるまではいきません。

当院では“気”の流れの滞りを整えるような施術をしますが、症状が変化することが少なくありません。

しかも、症状の改善が早いことが多いです。

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system