自律神経失調症

自律神経

名前のとおり、自律神経とは、自分の意思とは関係なく体の働きをコントロールしている神経です。

その体の働きとは、消化、呼吸、血圧、分泌、排泄、体温、発汗などです。

自律神経には

交感神経

副交感神経

の2通りの神経があります。

交感神経と副交感神経は、それぞれ反対の作用をしています。

例えば、

血管を収縮させるのは、交感神経。拡張させるのは副交感神経。

消化液は、抑制させるのは交感神経。促進させるのは副交感神経というふうになります。

ですから、交感神経と副交感神経の働きが悪くなると、どちらかが優位な状態になり 体に不調が起きるようになります。

自律神経失調症の症状

不眠

頭痛

めまい

耳鳴り

気分が落ち込む

つかれやすい

目が疲れ

息苦しさ

食欲不振

冷え

肩こり

腰痛

などの症状が現われます。

ページ上に戻る

自律神経失調症の原因

精神的ストレス
特に自律神経失調症になる人は、性格的に真面目で自分の気持ちを抑える傾向があります。 その結果、自律神経のバランスを崩しいろいろな症状が現われます。

肉体的ストレス
精神的ストレスに加え、肉体的なストレスも原因になります。

不規則な生活、急激な気候の変化なども自律神経に影響を与えます。

女性の場合ですと、更年期で女性ホルモンの減少が自律神経に影響を与え症状が出やすくなります。

その他には、過去の怪我(捻挫、骨折、脱臼など)も自律神経の働きに影響を与えています。

ページ上に戻る

自律神経失調症の施術

自律神経失調症の人は、とにかく肩、首周りの筋肉の緊張が、体の他の部分に比べて 強くなっています。

ですから、肩、首回りの筋肉の緊張を和らげないと、なかなか自律神経失調症の症状も改善していきません。

かと言って、直接肩、首周りの緊張を直接施術しても、その緊張はなかなか和らぎにくいのも確かです。

当院では、緊張が強い肩、首周りの筋肉に直接アプローチするのではなく、身体全体のバランスが取れるような施術を行い、緊張の強い筋肉を和らげて、症状を改善させていきます。

自律神経失調症の症例

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system inserted by FC2 system