コラム

筋肉のバランスを整えるのは、健康に良いです

歩くことは健康に良いと言われています。
確かに、歩くことによって筋肉が動かされ、肩こりがなくなった、内臓の働きが良くなったという方も多いです。

ではなぜ歩くと健康に良いのでしょうか?

歩くと足の筋肉が鍛えられるからでしょうか。
足の筋肉を鍛えるのなら、そのためにわざわざ時間をとって歩く必要もありません。 仕事の合間などに、ちょっとした筋肉トレーニングをすれば筋肉を鍛えることが出来ます。

実は歩くことによって筋肉のバランスが整えられるから、健康に良いのです。 けっして足の筋肉が鍛えられるから、健康に良いわけではありません。

整体施術をすると、筋肉のバランスが良くなりますが、その結果健康診断で異常があった人が短期間に良くなったということが少なくありません。

と言って、整体施術を行わなくてもちょっとした動作をするだけで筋肉のバランスを整えることが出来ます。

その方法は、数秒間しか時間が掛かりませんので、特別そのために時間を作るという必要もありません。

ただその方法は、整体施術に比べて持続性に欠けますので毎日行う必要があります。

ご希望があればその方法をお教えします。

ページ上に戻る

筋肉の長さを正常な状態に近づけることが、一番大事なことです

整体の施術は、煎じ詰めて言うと、筋肉の長さを正常な状態に近づけることです。 肩がこったり、腰が痛くなったりしている時は、筋肉は正常な長さになっていません。

筋肉が正常な長さになっていないということは、体が歪んでいるということになります。 そうなると、肩こり、腰痛以外にいろいろな症状が出ます。

手足の冷え、便秘、下痢、セキが出る、眼が疲れる、体が疲れがなかなか取れないなどの症状が出ます。

でも心配は要りません。
整体の施術によって、筋肉の長さを正常に近づけていけば、上記したような症状は改善されていきます。 ただ、筋肉の長さが正常でない期間が永い人の場合は、正常な筋肉の状態になるまで多少の時間はかかります。

ページ上に戻る

日常経験する症状の原因は?

皆さん日頃仕事、スポーツなどで疲れがたまってきたりして、いろいろな症状を経験します。 肩こり、腰痛、膝の痛み、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、あごの痛みなどいろいろ症状が出ます。

これらの症状は、病院へ行って検査をしても、原因が不明だとされることが多いです。 仮に検査の結果原因が判明しても、効果的な処置がなされないこともあります。 薬と湿布をもらって終わりということも多いようです。

もちろん、命に関わるような重大な病気でこれらの症状が出ることもあります。 ですが、そういったことはまれです。

では何が原因でこれらの症状が起こっているのでしょうか?
それは、筋肉の緊張です。

肩こり、腰痛、膝の痛み、頭痛などは、なんとなく筋肉の緊張だと想像できますが、めまい、耳鳴り、不眠、あごの痛みなどは、他の原因だと考えてしまうかもしれません。

しかし、めまいや耳鳴りなどの症状もほとんどが筋肉の緊張が原因です。
ですから、筋肉の緊張が和らぐような調整を行うと、早い段階でそのような症状も改善していきます。

もちろん、筋肉の緊張が和らぐようにするには技術が必要です。

ページ上に戻る

筋肉をストレッチしても、症状が良くならないことがあります

例えば、肩が凝っているとします。
肩こりと言っても、原因はいろいろあります。
筋肉の使いすぎが原因で症状が出ている場合
内臓の働きが悪くなって症状が出ている場合
その他の原因で症状が出ている場合
などいろいろあります。

筋肉の使いすぎが原因で症状が出ている場合は、筋肉をほぐすような施術をすれば症状は良くなっていきます。 ただ、これも程度問題で筋肉の疲労がたまりすぎている場合は、施術をしてもすぐに症状が目に見えて良くなったという実感をもてないケースもあります。

そういったケースでは、何度かの施術が必要になります。 筋肉をほぐすような施術は、運動神経系に刺激を与えるような施術です。 具体的な方法は、筋肉をストレッチする方法、筋肉をマッサージするなどの手法があります。

一方、内臓の働きが悪くなって症状が出ている場合は、筋肉をストレッチするような方法では、症状の改善は難しいことがあります。 内臓の働きは、自律神経によってコントロールされています。 ですから、自律神経に働きかけるように施術する必要があります。

筋肉をストレッチするような施術は、上で説明しましたように自律神経系というよりも運動神経系に働きかけますので、内臓の働きを改善させるのはちょっと難しいかもしれません。 ですから、便秘などの症状を改善させるには、運動神経に働きかける筋肉をストレッチするような方法では良くなっていきません。

便秘が原因で肩こりの人は結構みえます。 そういう人が、筋肉をストレッチしたりマッサージをしたりするような方法で施術する人に施術を受けた場合、結果的に肩こりは改善していきません。

なぜかと言うと、運動神経系に働きかける施術をしているからです。 便秘が原因で肩こりの人の症状を改善させるには、自律神経に働きかけるような施術をする必要があります。

当院の施術方法は、ちょっと特殊な方法です。 運動神経系と自律神経系の両方に働きかける方法です。 と言っても、運動神経系に働きかける手法と自律神経系に働きかける手法を別々に行うわけではありません。 一粒で二度オイシイではありませんが、一つの方法を行うだけで、運動神経系と自律神経系に働きます。

他の整体では、当院のような施術を行っているところは多分少ないと思います。

ページ上に戻る

ツボ押し、ストレッチは難しいです

腰が痛くなると、骨盤がねじれたり腰、お腹、太腿の筋肉のバランスがくずれて、緊張して硬くなっている筋肉、緩んで(弛緩して)いる筋肉があります。 硬くなっている筋肉に痛みが出ることが多いですが、緩んでいる筋肉に痛みが出ることもあります。

ですから、硬くなって痛みが出ている筋肉を緩めれば、痛みは軽くなります。 逆に筋肉が緩んで痛くなっている場合は、筋肉を緩める操作をすると痛みはさらにひどくなりますので、緩んでいる状態を緊張させるような操作をします。

そういったことを知らずに、なんでもよいから筋肉を緩めれば痛みが取れると考えて、一生懸命筋肉を緩める人もいます。

ですから、ツボ押しなどをする時は注意が必要です。 ツボは、体の左右に同じ名称のツボがひとつずつありますが、筋肉と同じように片方は緊張していてもう片方は、弛緩しています。

緊張しているツボは、緩める操作をして、弛緩しているツボは緊張させる必要があります。 また、筋肉をストレッチする時も同じ考え方で行うと効果が出るのですが、一般の方がそのことを行うのは難しいかもしれません。

ページ上に戻る

Copyright(c) 2013 斉藤施療院 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system